実績紹介

 >  > 外壁タイル

外壁タイル

塗装や金属板と比較して風雨や紫外線のよる劣化が非常に少ない外壁タイルですが一生メンテナンスフリーという訳ではありません。貼ってある建物そのものにヒビが入れば同じように割れますし、貼り付けに使用した材料が劣化や不具合が発生すればタイル浮きに繋がります。
さらには打ち継ぎ目地や伸縮目地といった、あらかじめヒビが入るであろう場所に設定されたシーリング箇所も材料が劣化してしまうと、そこに雨水が入り、貼り付け材料を劣化させて不具合が発生します。写真は先日、調査をしたとある物件の外壁タイルです。すぐ横にある細いシーリング材が劣化し、弾力性もまったく無いボロボロの状態で水が入り込み、タイルが剥がれてしまった状況です。

うちの外壁はタイルだから大丈夫、と思わずに専門家による定期的な確認をオススメします。

New Entry

Category

Archives

Others