実績紹介

 >  > 放っておくと大変な事に…

放っておくと大変な事に…

鉄筋コンクリートで出来ている建物で、

ヒビの周囲のコンクリートが膨らんでいる状態を放置したままにすると

大変な事になる場合が有ります。


何故コンクリートが膨らむのかといえば、

コンクリート内の鉄筋が錆によって膨張してコンクリートに亀裂が入り、結果的にコンクリートが膨らんだ状態になります。


天井廻りでこの状態を放置すると、コンクリートの塊が剥がれて落ちて来るので、大変危険です。


下の写真は事前にその様な現象を回避する為の作業になります。

錆びた鉄筋を露わにして、

錆を落とし、

錆止めを実施してからモルタルで鉄筋を覆って形を整えた後で

仕上げの塗装を行えば作業は完了です。


大脇

New Entry

Category

Archives

Others