実績紹介

 >  > モルタルの剥落

モルタルの剥落

築40年近い鉄骨造の賃貸マンションの大規模修繕工事を施工しました。
共用廊下の手すり下端のモルタルが経年劣化により剥落しました。

 

 

鉄骨下地をモルタルで覆う施工がされていたので、モルタルのクラックやスチールの手すりの腐食部分から雨水が廻り、剥落したと考えられます。鉄骨下地に直接モルタルが塗りつけてある納まりだったので、一度鉄骨から剥離してしまうと引っ掛かる下地がないため、今回は鉄骨にD10の異径鉄筋を溶接し、その鉄筋にメタルラスをはわせてモルタルで成形しました。

 

廊下面には、ウレタン塗膜防水を塗布し、化粧で長尺塩ビシートを張り、スチールの手すりの根元にはシーリングで止水処理を施しました。
これで、この部分のモルタル剥離はしません。

築年数が長い案件には、当時あたりまえだった技術が、今では信じられない施工がしてある建物があります。我々は、建物外観のみならず、その内部までどうすれば安心して使える建物になるかまで考えて、お客様に提案します。

神谷

New Entry

Category

Archives

Others