実績紹介

 >  > 事務所ビルの劣化診断

事務所ビルの劣化診断

先日、愛知県内にある事務所ビルの劣化診断をしてきました。

ご依頼を頂いた発端は屋上からの漏水でしたが、
これについては屋上部分で怪しい部分を見つけ、上から新たな防水層を被せることで解決できると思います。

それ以外にも全体的に建物を見せてもらい、現状でどんな修繕が必要かを診断させてもらいました。
全体に足場をかけて、全て修繕してしまうのが一番手っ取り早い方法ではありますが、
やはりコストが大きくかかってしまうので、“必要な部分を必要な分だけ”修繕することが大切です。

例えば、写真のように袖看板の根本から躯体コンクリートに水が浸水して塗膜を膨れさせている部分がありました。

この袖看板は使っていないとのことだったので、この看板の撤去で不具合は解決できます。

その他にもトイレが詰まっていたり、外階段の天井に雨漏れが起こっていたりしたので、
その不具合を起こしている部分を集中的に修繕する提案をしました。
こういった適宜の修繕でも、建物を安心安全に長く使っていくことができます。
その具合を判断するのも、我々プロの仕事です。



ナグラ産業㈱ 尾崎

New Entry

Category

Archives

Others