実績紹介

 >  > 給気口と換気口の点検

給気口と換気口の点検

こんにちは!
サポートの早川です。

新型コロナウイルスも少し落ち着いて来て、
新しい生活様式を実践し新型コロナウイルスと上手く付き合っていくのが重要となりましたね。
季節は梅雨に向かっていくので窓を開けての換気が難しくなってきますね。

窓が開ける事が出来ない場合の換気方法は、換気扇を回すのが一番です。

2003年7月以降の建物には24時間換気システムが付いています。
主な目的は シックハウス症候群の予防 です。
建材や家具に使われている有害な化学物質が空気中に出てきて、
それを吸い込み続けて体の調子が悪くなるのがシックハウス症候群です。
24時間換気は空気を常に入れ替えて、悪い空気を外に出して吸い込み続けないようにしています。

24時間換気システムは常にONにしておく必要がありますが、
冷暖房の効率が悪くなるからと止めている場合があるので動いているか確認を行いましょう。
家の中で一番換気能力の高い換気扇は、キッチンの換気扇です。
24時間換気が無い場合や、空気の入れ替えを早くしたい時はキッチンの換気扇を回すのが一番効果的です。

換気扇は空気を外に出す場所ですが、
空気を外から入ってくる場所が給気口です。
部屋の壁に四角や丸い形で付いています。

24時間換気システムの給気口は開けたり閉めたりする事が出来るものが一般的です。
つまみを動かす事で開き具合を調整出来たり、プッシュ式で開け閉めする物などがあります。

給気口が閉じたままになっていないか確認をしましょう。
冬場に給気口から冷たい空気が入ってくる時や、台風で外からが強風の時などは一時的に閉じる場合があります。
しかし、閉じたままだと外の空気が入りづらくなる為、換気が上手くいかなくなります。

給気口には外からゴミが入ってこないようにフィルターが付いている事が多いので、合わせて汚れていないか確認を行いましょう。
ここを通って入ってきた空気を吸っているのかと、ぞっとする場合があります。
フィルターの確認は定期的に行うのが良いですね。



窓を開けて換気が難しい季節が近づいています。
エアコンは室内の空気を使うので外からの新鮮な空気は出てきません。
一度室内の給気と換気について確認、点検を行ってみてください。



早川

New Entry

Category

Archives

Others