実績紹介

 >  > 生命と財産

生命と財産

保育園の 擁壁解体と擁壁新設工事 が始まりました。

1960年代の構造物で現行の基準に適していないことが判明したのと
道路側に傾いてきているため、解体撤去・新設することになりました。

擁壁高さに対して8割以上のベース(擁壁の基礎)幅が必要(定められた設置基準がありますがここでは割愛させていただきます。)
なのですが、既設の擁壁は高さ2m弱に対してベース幅は60cmしかありませんでした。
この長い年月の間よく持ち堪えたと思います。

限られた作業場内での作業なので園児達と通行される方の安全を最優先して
建築基準法、設置基準を遵守してお客様の生命と財産を守ることができるように
安心していただける成果を提供できるように日々考えながら工事を行なっています。

神谷

New Entry

Category

Archives

Others