実績紹介

 >  > 水溜まりからの…

水溜まりからの…

 

名古屋市内の某マンションの改修工事で足場を組んでいた時の事ですが、階段吹抜け部分の土間コンクリート全面に、深い所で5㎝位雨水が溜まっていました。通常、雨が入って来る場所はドレンを設置して下又は横から水を抜くのですが、ドレンらしき物が見あたりませんでした。
水が溜まったまま、乾かない状態が続くと、最悪周りの壁にカビが発生する事も考えられます。

今回、まずは有るはずのドレンを探して水を抜く事を考えました。幸い水の溜まり具合に差があり、水の深さが浅い箇所の対角線上付近をドライバーを使って探したらドレンらしき物に触れた感覚があり、ドレンに詰まっていた泥を掻き出して、無事水を抜く事が出来ました。

ドレンを見て驚いたのですが、屋内のトイレの床がタイルになっている所等で使用されるタイプの物が設置されていました。

見ても分かる様に、雨が直接あたる屋外での使用を想定していない物になるので、ゴミや泥等が詰まって水が溜まるのも、屋外用のドレンと比較してかなり早いです。

ドレンの先の排水管の太さの問題もあるので簡単にドレンを交換する事は難しいのですが、同様な問題を抱えている場合は是非ご相談下さい。

New Entry

Category

Archives

Others