実績紹介

 >  > スラブの埋戻し

スラブの埋戻し

 

こんにちは!
現場担当の早川です。

和式トイレを洋式に変更する工事を行っています。和式から洋式にする場合、和式便器を撤去せずにカットして埋めて設置する工法や、和式トイレを全て撤去して埋め戻す工法などがあります。

今回スラブを抜き全撤去した箇所があり、鉄筋の溶接、埋戻しを行いました。

鉄筋コンクリートの建物は、一見コンクリートが床を支えているように見えますが、実は大切なのは鉄筋の部分です。鉄筋が建物全体を支えていてそれを保護する意味もありコンクリートが付いています。

鉄筋をしっかりと溶接しコンクリートを支える、基礎的な事ですがとても大切な部分です。

早川

New Entry

Category

Archives

Others