実績紹介

 >  > 建物のためを考えて選定した塗料を施工した結果…

建物のためを考えて選定した塗料を施工した結果…

建物に如何に良い塗装材料を使用しても、塗装する部位の素材に適合していなかったり、施工を的確に行わなかったりすれば、その材料の良さを発揮させることはできません。写真は、工場の屋根でそのような例を確認したものです。塗装したと塗料が全体的に剥がれてしまっています。この事例の場合は、塗装部位の素材に適合していなかったのと、塗装する前の適切な下地処理(研磨や、下塗り材の適格な選定等)ができていなかったことの両方の原因が考えられます。施主様もメーカー様も、建物を如何に長生きさせようかと考えて選定した材料だと思いますが、このような結果を招かないためにも、事前に詳細な調査を行ったり、時には材料の付着力検査を行うことも大切です。我々のような施工業者としては、その材料の機能を十分に発揮させるための下地処理を的確に行うことが一番重要です。建物を長生きさせるために、単に良い材料を使うだけでは十分に効果を発揮できないこともある、というのが難しいところです。

 

ナグラ産業㈱ 尾崎

 

ナグラ産業Twitter

色々つぶやいてます。

New Entry

Category

Archives

Others