実績紹介

 >  > RC造建物の外壁からの漏水

RC造建物の外壁からの漏水

こんにちは!
現場の早川です。
鉄筋コンクリート造の戸建住宅の部屋の改装中に漏水が見つかり、漏水を止められないかと相談を頂きました。
内部から確認すると窓付近から水が内部に入っている様子が分かりました。
漏水を止める為に外壁を確認。

外壁にひび割れがありました。
漏水をしっかりと止めるにはひび割れに対して正しい処置が必要です。
ひび割れに対して溝を掘り(Uカット)、シーリング材を充填、補修跡を埋める為にモルタルで埋めます。

これでひび割れは塞がりましたが、補修跡が目立ちます。

補修の後が目立たないように、さらに塗膜で防水性能を持たせるために微弾性フィラーで下塗りを行い、近似色で上塗りをして仕上げました。

元々の外壁色と全く同じにはならないですがかなり補修した事が分かりにくく仕上げる事が出来ました。
Uカットをしてシーリングを打ってそのまま塗装すると、シーリング材が痩せてどうしても直した後が目立つケースが良くあります。
シーリングを打った後に収縮しにくいモルタルで埋めて、下塗り材でパターン付けした事でより目立たなくなりました。
作業の手間は増えますが、キレイに仕上げられるのでお客様にも喜んで頂けました。

最後に漏水が直っているか水掛けを行い、漏水が改善されている事を確認して作業完了。
無事に漏水を直す事が出来ました。

早川

 

 

ナグラ産業Twitter

色々つぶやいてます。。

New Entry

Category

Archives

Others