実績紹介

 >  > 隠蔽配管

隠蔽配管

テナントビルのエアコンドレン管から下階に漏水が発生しました。窓際の方からの漏水でした。雨降りの後に漏水してきたとの情報でしたのでカーテンウォールのどこかが原因かと懸念しましたが外壁より20cm内側の梁部分より漏水していたので雨漏れにによる位置では考えられないと判断したので設計図を確認しました。やはり納まり的にカーテンウォールからでは考えられないので設備図面を確認したところエアコンの冷媒管とドレン管が壁内に隠蔽され下階に配管されていました。あとは漏水箇所の特定と処置方法を検討しなくてはなりません。幸い最初に壁をめくった位置で漏水箇所は確認でき詰まりであることもわかりましたが同階の他の部屋とも繋がっているので隠蔽されているドレン管をどう処置するか検討した結果設計図を確認していたお陰で近くに樋も隠蔽されていることは判っていたので各部屋のドレン管はバイパス配管をして樋に落とし込みすることにしました。納まり上スッキリさせるために配管等は隠蔽されてしまうことが多々ありますが後々不具合が生じた時のメンテナンスができるようにはしておきたいものです。

 

 

 

 

神谷

New Entry

Category

Archives

Others