実績紹介

 >  > サイディングの“そり”

サイディングの“そり”

ある郊外の空き家で、外壁サイディングの変形が発生している現場の補修の依頼を頂きました。サイディングの“反り”の症状が発生していましたが、それほどひどい状態ではないため、張り替えではなく、ビス打ちで補修できると判断しました。この反りの原因は、シーリング材の劣化により、サイディングに水が浸透してしまったことだと考えられます。反りの補修と合わせて、予防としてこのシーリング材の補修も合わせてご提案させて頂きました。外壁サイディングの不具合の一番の原因は、このシーリング材の不具合による水分の供給にあります。外壁の状態に怪しいところがあれば、早めに補修対応するのが建物を長生きさせていくコツです。

 

 

ナグラ産業㈱ 尾崎

New Entry

Category

Archives

Others