実績紹介

 >  > タイル浮きの要因

タイル浮きの要因

こんにちは。下地補修担当の吉田です。

今、補修を行っているマンションはタイルの浮きが非常に多いのですが
実はタイルが浮くにはいくつかの要因があります。
そのうちの一つが下地の下地の平滑具合です。
RCの建物は板で枠を作り、コンクリートを流し込んで
固まったら外して、を繰り返して上に重ねていきますが
この板を外した後のコンクリート面はツルツルなんです。
このままタイルを貼りつけると貼付けの材料がはがれやすく
現在では目荒しといって超高圧の水で表面を削って
表面に凸凹をつけてから貼りつけるのが一般的になっています。
今直しているマンションは目荒しがされておらず
非常に浮きが発生しやすい状態でした。


大面積な浮きはタイルを撤去して
下地を調整したうえでタイルを貼っていきます。
適切な補修で、建物長イキイキ!

 

𠮷田

New Entry

Category

Archives

Others