実績紹介

 >  > キャップで蓋

キャップで蓋

名古屋市の某施設で屋上の機械基礎の廻りに有った、配管が使われなくなって残っていた箇所の防水納まりで、塩ビ管用キャップを加工して蓋をしました。

キャップで蓋をする前の状態が、下の写真になります。

配管の残りの周囲に施した防水の端部が、上方向に向いているので、端部にコーチングをしていますが、長期的に考えるとそのままでは心配なので、キャップを加工し蓋をしました。

 

大脇

New Entry

Category

Archives

Others