実績紹介

 >  > 夜の共用廊下を明るく

夜の共用廊下を明るく

岐阜の某市内で行っている大規模修繕工事で共用廊下の天井照明のカバーを綺麗にしました。

この作業は、将来照明器具を一回り小さい物に交換した場合でも、照明の周りの天井を同じ状態にする為、照明器具を吊り下げて照明で隠れてしまう箇所まで塗装をするのですが、照明器具を復旧するタイミングでカバーも綺麗にする為に行っています。

照明器具のカバーには主にプラスチック製の物とガラス製の物が有ります。

それぞれ一長一短あり、汚れに関していえば、プラスチック製の物は汚れが落ちにくい為、掃除が大変です。

今回はプラスチック製のカバーだった為掃除は大変でしたが、ガラス製のカバーと違い、落として割れてしまう心配が無いのと、軽いので復旧作業は楽に行う事が出来ました。

大脇

New Entry

Category

Archives

Others