実績紹介

 >  > 手摺の支柱から・・・

手摺の支柱から・・・

まずは写真をご覧ください。

マンション、戸建て限らず様々な建物で見かけるアルミ手摺の支柱です。



なぜ穴をあけているかというと、この中に水が貯まっている可能性があるからです。

その証拠がコチラ

にわかに信じがたい画像ですが、

支柱なので細く、高さもある為、

ここに雨水が侵入してしまうと底の部分に結構な水圧がかかりこのように噴き出てきます。



一見珍しい光景ですが、我々からするとそこまでレアケースではなく

支柱が10本につき1本くらいの頻度でみかけます。



これだけ圧がかかっているので、支柱の根元をサビつかせたり、防水層へ水が回り込ませてしまったりします。



そこで、仮にまた入ってきても下部へ水が回らないように先ほどの写真のように穴をあけて

水の中でも固まる専用のエポキシ樹脂を穴ギリギリまで流し込みます。

また、穴はあけたままにしておき、中に入ってきた水を排水されるようにしておきます。



RC構造で手すり根元にひび割れが発生していたり、塗装に異常がある場合は

中に水が貯まっている可能性がありますので

お気軽にお問い合わせください。


吉田



===================

マンションの大規模修繕・賃貸アパートの空室改善・戸建ての外壁塗替え・雨漏り修繕はナグラ産業まで!
建物に関するお悩み事はお気軽にお問い合わせください(^^)

ナグラ産業株式会社
愛知県名古屋市北区石園町3丁目22番地

フリーダイヤル 0120-1030-94

問い合わせフォーム https://nagura-s.jp/form_contact/contact.html

===================

New Entry

Category

Archives

Others