実績紹介

 >  > ナグラ社内施工部隊 Dr.係の活躍

ナグラ社内施工部隊 Dr.係の活躍

改修工事の施工管理を主に行っているナグラで、
一番の目的は如何に建物が健康で長生きできる工事を提供するか、ということです。

塗装や防水はもちろん大切ですが、
ナグラでは“下地補修工事”という躯体の維持メンテナンスこそが一番重要だと考えています。
ここを疎かにすると、どんなに良い仕上げ材料を使っても適切な効果を得ることはできません。

通常の施工管理会社だと、下地補修工事の実作業の部分は協力会社に依頼して工事を行ってもらうことが多いですが、
ナグラでは下地補修工事は“Dr.係”という工事部隊が作業を行っています。

こうすることにより、長生きさせることにこだわった工事を徹底的に提供することができます。
どういった不具合が雨漏りや劣化をもたらすか、ということを熟知しているため、
こういった部分に対しても徹底的にメンテナンスを行います。

また、補修工事がどれだけあるかということは足場を仮設して実際に調べてみないとわからず、
見積段階では概算費用としているため、協力業者へ依頼する場合だと、
予算の都合でどこかを削ったり、ということも起こりがちですが、
自社施工部隊であればこういったこともありません。

 ナグラでは、自社施工部隊がこういった理念を持って工事にあたっているため、本当の意味で建物を長生きさせる工事を提供することができるのです。
この秋も、Dr.係が公共建築物や分譲マンションの下地補修工事を全力で行っています。



ナグラ産業㈱ 尾崎

New Entry

Category

Archives

Others