実績紹介

 >  > 天井カセット式エアコンの冷媒配管が結露による水漏れ

天井カセット式エアコンの冷媒配管が結露による水漏れ

ある店舗で、天井から雨漏りしているので見てほしいとの依頼を頂き、見てきました。

晴れた日に行ったのに水漏れをしていて、
これは外壁からの雨漏りではないなというのが直感でした。

調査として、まず外部を確認しましたが、やはり何も不具合はありません。
次に、水漏れをしている部分の天井ボードを外して内部の状況を見てみると、
天井や外壁には水が垂れた形跡がありませんでしたが、
天井内にあるエアコン冷媒配管を触ってみると、これだけ全て濡れています。

他の電線や金物が濡れていないのに、この冷媒配管だけ濡れているということは、
これが何らかの理由で結露を起こし、その水滴が落ちてきて水漏れを起こしていることに間違いありません。

他の天井内部の状況を見てみても、ほぼ全ての冷媒配管が濡れている状況でした。
エアコンメーカーに確認すると、こういったケースは良くあるとのことで、
対策としては冷媒配管の断熱材をもっと厚いものに変更するということでした。

個人的には初めての経験でしたが、
最近の夏は暑いですし、24時間使いっ放しの状況なので、そういったことも影響しているのでしょうか。
それにしても、冷媒配管は店舗内の広範囲に張り巡らされているので、全ての断熱材をやりかえるためには天井ボードの大部分を剥がして対応する必要があるので、結構大変な作業となります。
家主さんにとっては頭の痛い問題です。



ナグラ産業㈱ 尾崎

New Entry

Category

Archives

Others