実績紹介

 >  > 手摺天端工事

手摺天端工事

先日とあるマンションの手摺の工事を担当いたしました。

工事の目的としては、手摺壁の内側に水が入り塗料の膜が浮いてしまう問題をなんとか解決しようというものです。

上の写真は施工前の手摺壁の天端部分なのですが、
この天端のタイルの隙間から水が入り壁に侵入し、壁の塗膜に悪い影響を与えてしまっていると考えられます。
そこでどうしたかというと…

格子を全て撤去し天端のタイルも取り去って天端を補修し、そこに新しい格子をかぶせたのです。

こうすれば天端から水が入りようがないですよね。
塗膜が浮いている部分を補修しても時間が経つと
どうしてもまた悪い部分が出てきてしまう可能性があります。
今回はその原因を根本から解決しました。

塗装もしてこの通り見た目もとても綺麗になりました。

実際はこのアイディアは私が考えたものではないのですが…。
こういったお客様のお悩みに様々な提案ができるよう
現場での経験を積んで自分の中の引き出しを増やしていけるよう日々勉強中です!


山口

New Entry

Category

Archives

Others