実績紹介

 >  > アルミ手摺止水工事

アルミ手摺止水工事

こんにちは!
現場担当の渡部です!

現在、私が常駐している分譲マンションでの
バルコニーのアルミ手摺止水工事について ご紹介します!

よく目にするアルミ手摺の中は空洞になっており、
その中に雨水が入り込むと水の逃げ道がないので支柱の中に溜まっていってしまいます。
そうすると中の芯棒が錆びてしまい、芯から腐食してしまう恐れがあります。

ですからその対策として
まずドリルを使用して支柱側面の下部に水抜き穴を開けます。

次に先ほど開けた水抜き穴からエポキシ樹脂を注入器具で注入します。
樹脂が入ったことで空洞に溜まっていた水も穴から排出されます。

水抜き穴はあえて開放したままの状態で施工完了です。
そうすることで、もし上から水が浸入したとしても、穴から流出するので支柱内部に水は溜まりません。
また、支柱内の乾燥も維持することが出来ます。


住まいは皆様にとって大切な財産です。
建物の寿命を延ばすためにもこまめなメンテナンスが必要ですね。
Let’s 長イキイキ!!



渡部

New Entry

Category

Archives

Others