実績紹介

 >  > 出窓からの漏水

出窓からの漏水

 

今日は、マンション室内の漏水対策工事を行ってきました。出窓の下の壁から漏水があるということだったので、サッシまわりが怪しいと考え、足場を組み立てて調査を行い、合わせて対策工事を行うご提案をしました。足場を建てて窓まわりを調査してみると、一目瞭然で漏水箇所が特定できました。写真はその原因箇所と考えられる部分です。

写真①は、サッシ水切りのコーナー部分がパックリ口をあけてしまっている状態です。実はこの症状は他の物件でもたまに見る事があります。

次に写真②は、面台タイルと建物壁面との取り合い部分にコケが発生している写真で、面台タイルから浸水しているということが推定できます。

この2点を抑えれば、漏水は解決できると判断し、すぐに対策工事を行いました。写真①のサッシ水切りコーナーにはシーリングを厚めに充填し(写真③)、写真②の面台タイルには、防水を施し、壁面との取り合いにはシーリングを充填する二重の対策(写真④)を行いました。これらの対策工事を行ってから、最後は水かけ試験を行い、居住者様に漏水が起こっていないか確認して頂き、完了です。最後の水かけ試験がキモで、本当に止まっているかチェックしないと居住者様も安心できないので、ここまでしっかりとやらせて頂いています。
ナグラ産業 尾崎

New Entry

Category

Archives

Others