実績紹介

 >  > 微妙な鉄筋爆裂補修

微妙な鉄筋爆裂補修

今補修しているとあるマンションで
久しぶりに残念な状態を発見しました。
調査時に外壁タイルも割れて、明らかに鉄筋が爆裂している
兆候があったのですが下から見ると大きな変化は無し。
ただ、不自然に目地の中が凸凹になって塗装にもひび割れがあるのが
気になっていました。
補修に取り掛かり、脆弱部を撤去していると
原因発覚!
ごく稀にみかけますが、前回の大規模修繕工事で
鉄筋爆裂を適正に補修せず塗装を厚付けしてごまかしていたのです。
目地の奥で補修が面倒だったのかな?と推測されますが
塗膜が湿気を閉じ込めてさらにサビやすい状況で
鉄筋を露出させるのに微弾性な塗膜が非常に邪魔でした。
今回はしっかりと防錆材を塗って軽量のエポキシ樹脂モルタルで
補修したのでバッチリです。
これで建物長イキイキ♪

𠮷田

 

 

New Entry

Category

Archives

Others