実績紹介

 >  > まさかの・・・

まさかの・・・

打診棒という調査用のハンマーを使って、外壁を叩いて音で
様々な劣化を聞き分ける打診調査。
先日、調査の際に何とも言えない音がしていた部分があり
奥の方で鉄筋が錆びて劣化が起きているのかと判断しました。
いざ、補修の為にタイルをとってみたところ
現れたのは、まさかの「木」でした。

よく木片がコンクリートに紛れていることは見かけるのですが
まさかの立派な木材で下地になっていました。
あまりに大きいので取り除くか迷いましたが
現場担当と相談して撤去することに。

落下しやすい場所に大きな補修材を充填させるため
念には念をということで
差し筋アンカーという鉄筋とアンカーが一体になったものを
側面に打ち込み、メタルラスという金網を追加して
下地を作りました。


 

これで、もう安心です!

 

𠮷田

New Entry

Category

Archives

Others