実績紹介

 >  > 冷凍冷蔵庫

冷凍冷蔵庫

1月に工事をしたスーパーの冷凍冷蔵庫の床を直したお話です。

食品を扱うスーパーや倉庫には冷蔵庫が設置してありますが多くは断熱パネルを組み上げたユニット式になっています。床もパネルなので保管する品物によってはパネルの上に鉄板等を敷いてパネルが破損しないような処置を講じます。鉄板は床の中間にジョインなどが無いように工夫して敷くことが必要となりますが工事をさせていただいた冷蔵庫は三等分して鉄板が敷いてありました。

長年の経年劣化と商品の重量により鉄板のジョイントの溶接は破断して下のパネルにも不陸が生じて床が波を打ったようになってしまい商品の出し入れが困難になってしまっていました。

補修方法としては新たに鉄板を敷き直すだけではまた経年劣化により同じように床が波を打ってしまうため鉄板してのパネルから直さなければなりません。ユニット式なので床パネルを取り替えるのもユニット全てを解体する大掛かりなことになってしまうため限られた予算と工期では直すことができません。

そこでパネルの不陸の凹んだ部分にウレタン塗膜防水で平滑にしてその上の鉄板は壁と床の取り合いしか無い骨組みにビス固定をするため両サイドに固定用の鉄板を式商品が出し入れしやすいように中央の鉄板は一枚物を敷く納まりにしました。こうすることにより下地と鉄板は密着して今後床が波を打つことなく冷蔵庫を使用することができるようになります。

 

神谷

New Entry

Category

Archives

Others