実績紹介

 >  > 漏水している物件の現場確認

漏水している物件の現場確認

愛知県内のお客様より、漏水している建物があるので見てほしいというご依頼がありましたので、その内容をご紹介します。
この案件は、強い雨が降ると、1階の床面に水がしみ出してくる(3階建て)ということで、まずはサッシまわりと外壁を確認しました。サッシ自体は特に問題は無かったのですが、サッシのモルタル面台とサッシ下の外壁タイルにひび割れがありました。また、このタイルに浮きがあること、タイル下のコンクリート壁面にひび割れが入っていることが考えられるため、この部分からの漏水であると推定しました。補修としては、ひび割れ部に刷り込み材を施工してひび割れ内部を充填して止水するか、タイルを大がかりに剥がして躯体そのものにメンテナンスを行うかの2択です。予算は後者の方が高額です。
こういった何となく大事に至っていなさそうなひび割れも漏水の原因となっている場合があるため、こういった部分もくまなくチェックを行います。また、お客様からは弊社止水チームのDr.チームの腕が良く、依頼すると完璧に止めてくれるから信頼している、という嬉しい声も頂きました。これからもスペシャリストとして技術を磨いていきます!

 

 

 

ナグラ産業㈱ 尾崎

New Entry

Category

Archives

Others