実績紹介

 >  > 鉄骨造の外壁

鉄骨造の外壁

今回は築30年以上経っている鉄骨造テナントビルの外壁補修工事についてです。お得意様から外壁が膨らんでいるので何とかしてほしいと依頼がありました。壁内の下地がどのように組まれているか大凡の目安を付けて作業に取り掛かりました。思った通りC型鋼に調整材として木胴縁の下地組でした。そこまでは良かったのですがあれ?下地のピッチが遠くない?455mmではなく600mmでした、、、更に透湿シートが無い!そのため胴縁の生が無くなりビスが効かなくなり写真の様に外壁が膨らんでいました。

今回は間柱を足し透湿シートを貼って復旧することにしました。今回は一部のみの補修でしたので全体の外壁をめくって下地を補強しつつ外壁を張替えするか膨らんでいない外壁は下地がまだしっかりしていると判断してカバー工法で外壁を一枚覆うか家主様には検討していただくように提案させていただきました。

神谷

New Entry

Category

Archives

Others