実績紹介

 >  > 賃貸マンションの建物診断について

賃貸マンションの建物診断について

名古屋市内の賃貸マンションの建物診断に行ってきました。この物件は築30年程度のマンションで、壁面の仕上げ材の劣化が進んでいる状況でした。特に気になったのは、写真のように廊下天井のコンクリートが剥がれ落ちてしまっている部分。

万一ですが、通行中の居住者に当たったりしたら一大事です。本来はこのような状態にならないようにメンテナンスをしていく必要があるので、定期的な診断、点検が必要です。何より、こういった劣化症状があると、建物自体の価値も落ちてしまいますしね。共用部分についても、住みたいと思ってもらえる建物にしていく必要があります。

 

ナグラ産業㈱ 尾崎

New Entry

Category

Archives

Others