実績紹介

 >  > 陸屋根の水溜まり

陸屋根の水溜まり

陸屋根とは、鉄筋コンクリート造の建物の屋根として一般的な、
一見平らな屋根(雨水が流れる様に緩やかな勾配がついています。)の事です。

下の写真は漏水調査であるマンションの屋上に上がった際に、
道路を挟んだ別の建物の屋上が陸屋根で半分近くに雨水が溜まっている状況を目にしたものです。

写真の建物の陸屋根に雨水が溜まっている原因は、
溜まっている範囲から考えると、雨水を排水する為のドレンが詰まっている可能性が高いのですが、
その他の事例で考えられる原因は屋根の勾配が悪くて窪んでいる箇所が有る場合等があります。

写真の様な状態を放置する事は、建物にとって良くないばかりか、
水溜まりが長期間発生する場合は蚊の大量発生に繋がる等、衛生面でも好ましくありません。

マンションの大規模修繕工事を計画する場合は
屋上の状態を確認する事と、専門家への相談をする事の両方をお勧めします。


大脇

New Entry

Category

Archives

Others